脈々と受け継がれてきた孝山の”響き”

孝山会は北海道旭川を拠点に40年以上続く”津軽三味線”の流派です
初代菅野孝山より現代では親子三代に渡って受け継がれてきた”響き”
催し事への演奏依頼、または入会希望も随時承っております

初代家元について

昭和52年に設立した孝山会ですがここではその初代家元の菅野孝山についてご紹介いたします。

詳細はこちら
各会主紹介

現在、孝山会は道内4拠点で活動しています。ここでは各会主についてご紹介いたします。

詳細はこちら
孝山会について

活動や実績、津軽三味線・民謡を通しての孝山会のいままでをご紹介いたします。

詳細はこちら

日本民謡の”志し”と三味の”響き”を皆様に伝えたい

孝山会では、より多くの方に日本民謡、そして津軽三味線の世界に触れていただきたいと考え、各地域にて音楽教室の活動とならびに演奏依頼を随時承っております。

いてもたってもいられない高揚感。
”じゃわめぐ”心を皆様に。

孝山会では様々な場面での演奏依頼を承っております。結婚式や披露宴、地域の催し事やイベント、祝賀会やホームパーティにも。
近年では教育の一環として「民謡・和楽器」の演奏、講義などもさせていただいております。まずは詳細をご覧下さい。

伝統文化の日本民謡・津軽三味線を
一緒に学んでみませんか?

孝山会では道内8箇所で民謡、三味線の教室を運営しています。今では大人から子供まで幅広い世代の方に入会していただいています。
三味線を弾けるようになりたい、日本民謡に触れてみたい、新しい趣味が欲しい等々、動機は様々。まずは詳細をご覧下さい。

新着情報

新着情報一覧

Translate »